社員写真
Member 社員紹介

学生時代に学んだ
「建築」知識の幅を大きく
広げることができた

技術部 リニューアル推進室 山田 貴輝 Takaki Yamada 2014年入社 東京都市大学 工学部 建築学科卒
仕事風景写真

主な仕事の内容

リニューアル・新規開発の
技術領域を統括する

既存施設のリニューアルや新規開発を行う際、設計や工事発注、開発計画などを策定していくことが私の仕事です。実際に手を動かして建築作業を行っていくわけではなく、パートナー企業に対して発注する施主になりますので、工事の仕様や計画など技術的な領域を統括する役割を担っています。
自分一人で進められる仕事ではなく、社内の各部署やパートナー企業、テナント、土地のオーナー様など、様々な人とコミュニケーションを取りながら動いていくことになるので、知識やスキルだけではなく、対応力も求められます。そうした能力を発揮しながら、より良い施設づくりを心がけています。

仕事風景写真

仕事のやりがい

お客様の喜んでいる姿を
見られる喜び

以前は施設の修繕を担当する部署に所属していて、施設環境を向上させていくことにやりがいを感じていたのですが、現在所属している部署では、テナントの方々や、施設を訪れるお客様から「施設がリニューアルして使いやすくなった」という声を頂けること、施設が綺麗になって喜んで頂いている姿を見られることは、以前とは違ったやりがいや喜びを感じることができています。

仕事風景写真

学生時代の専攻と
仕事の関わり

学生時代よりも「現実」的な知識が求められるからこそ面白い

建築学科では、建物の基礎から建設方法などを学んでいました。そこで学んだ知識はもちろん今の仕事に直接役立っていますが、会社に入ってからの方が勉強することが多いと感じています。例えば、学生時代には自ら図面を描くこともありましたが、実際の建物の図面に触れていくと、当時作成していたものは現実に即していない部分が多くあったことに気付かされたんです。入社当初は改めて色々なことを学ばなくてはならないことにギャップを感じる場面もありましたが、今は知識を発展させることに面白さを感じられています。

社員写真
社員写真

入社したきっかけ

当初はゼネコンや内装関係の会社への就職を検討していたのですが、もう一つ自分がやりたいことと合致せず、業界の幅を広げてみたところ、「商業デベロッパー」というそれまで知らなかった業種を見つけ、興味を持ちました。建物リニューアルや新規開発などを行うことを知り、商業デベロッパー企業で働きたいと考えるようになったのです。
その中で新都市ライフホールディングスに入社することを決めたのは、ワークライフバランスが取りやすいことや、親しみやすさがあることなど、良い意味でデベロッパーらしくない雰囲気を感じたことが大きな要因です。

社員写真

入社してよかったこと

「デベロッパー」というと夜遅くまで働く業界というイメージを持たれるかもしれませんが、この会社はそのようなことはありません。それに穏やかな人が多い会社でもあるので、自分のペースで働けることは、当社の大きな魅力です。一方で仕事に対する本気度が高い人が多いので、先輩や同僚から刺激を受けることもできていますし、多くのことを勉強させてもらっています。
就職活動中から「ひとつの会社で長く働きたい」という思いを持っていたので、その願いを叶えることができる場所だと思っています。

学生へのメッセージ Message For Student

就職活動を進めるにあたり、自分のやりたいことや性格をよく理解し、「ギャップが少ない会社」を見つけることが大切だと思います。
私の場合、その会社での働き方を研究した上で「本当に長い年月そこで働けるか」をイメージするようにしていました。このように、自分の将来をリアルに想像してみるといいかもしれません。