声を聴き、地域にもっと必要な存在へ