メニュー

閉じる

ホーム商業施設一覧東京都エリア > 光が丘IMA 中央館・東館・南館

光が丘IMA 中央館・東館・南館

写真
写真
写真
写真
“イマまでも、イマからも”
光が丘IMA(イマ)は、昭和62(1987)年4月に、「生活の拠点」「文化の発信地」「地域コミュニティの核」となることを目的として中央館を開業いたしました。
その後、平成4(1992)年4月には東館及び南館を開業し、現在の光が丘IMAが完成いたしました。
光が丘IMAは、リヴィン光が丘店・イオン練馬店の2店を核テナントとし、約150店の専門店によるショッピングセンターをはじめとして、文化・スポーツ・業務・娯楽施設などと、1,200台分の駐車場を擁する多機能複合型の大規模施設です。年間延べ約2,200万人のお客様にご利用いただいております。
ちなみに、光が丘IMAの「IMA(イマ)」とは、想像という意味のIMAGINATION(イマジネーション)の頭文字とNERIMA(ネリマ)の最後の三文字から名付けられました。
■公式サイト

施設概要
所在地 東京都練馬区光が丘5
最寄駅 都営地下鉄光が丘駅 徒歩1分
開設年月日 1987年4月
敷地面積 約30,000m²
建物規模 中央館B1F~6F 東館1F~2F 南館1F~3F
当社賃貸面積 126,810 m²
主なテナント LIVIN、イオン
テナント数 146(量販店・専門店・子育て施設・クリニック・その他)
駐車台数 1,200台
その他 光の広場、IMAホール
公式サイト 公式サイトはこちら
アクセス
大きな地図で見る

※2017年3月22日現在のデータ(参考データですので、予めご了承ください)

top